MIRACLON ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。
超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。
※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。
Copyright(C), 2005-2011 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

07,9/22(土)指導者セミナー・レポート

2007.09.27 Thursday 17:43
0
    07,9/22(土)に初の指導者セミナーを行いました。
    セミナーで取り上げたテーマ、質問等を公開致します。

    ※受講された方との差別化をはかるため、HPでは話した内容の
     題材のみの公開とさせていただきます。


    ********************************

    ☆テーマ:様々な角度でのチーム強化・チーム発足のお手伝い

    ○初めに

    ・チーム作りにはコンセプトが必要(チーム方針)
    ・毎回の練習毎にテーマをもって取り組む
    ・各練習では印象を与える事

    ○初心者中心のチームでどんな練習から始めたら良いのか

    ・元気良く、明るく、楽しませる、初歩的トレーニング
     ↓
    ・飽きさせない、少し難しいトレーニング
     ↓
    ・専門的な知識、技術、基礎の徹底
     ↓
    ・実戦形式トレーニング、テクニック、大会出場を目指す
     ↓
    ・チームとしてのレベルアップを目指す
     (組織だった守り、勝負へのこだわり)
     ↓
    ・更なる専門的知識、技術
     (攻撃パターン、セットプレー)
     ↓
    ・より上を目指すためのトレーニング
     (戦術理解、精度)

    ○MIXチームでのトレーニング

    ・コンセプトの決定
     ↓
    ・男女のそれぞれの戦い方(同じ?別?)
     ↓
    ・男子プレーヤーと女子プレーヤーの現状のレベル把握
     ↓
    ・サッカー経験有りの男子プレーヤーには高度なトレーニング
     (パス1本にこだわる、雑なプレーをさせない、他選手の模範にさせる)
     ↓
    ・初心者の男女にはサッカー経験者と同レベルのトレーニングがやれるように
     なりたいと思わせる。基礎技術の徹底。
     成果が出てきたら徐々にサッカー経験者と混ぜて。
     ↓
    ・サッカーフットサル未経験者にはボールコントロールの初歩的トレーニング。
     止まったボールの扱い方、ルックアップを徹底、声を出せるように、
     ボールを怖がらせない(クッションボール・ゴムボール使用)。
     ↓
    ・経験者、未経験者、初心者、男女別にメンタル面のケア

    ○一日のトレーニング(90分)〜戦術〜

    1・ストレッチ(その日のテーマを説明しながら)
    2・アップ(ゲーム形式のトレーニングを行うならボールを使ったアップ)
      ※1〜2で20分程度。
    3・基本と戦術を混ぜたトレーニング
      ※戦術トレーニングを組み込む場合は必ずそのための紅白戦を行う。
    4.クールダウン
      ※5〜10分かけてゆっくりとジョギング、そしてストレッチ。
       最後は必ずストレッチ終える。

    ○一日のトレーニング(90分)〜テクニック〜

    1・ストレッチ(その日のテーマを説明しながら)
    2・アップ(ゲーム形式のトレーニングを行うならボールを使ったアップ)
      ※1〜2で20分程度。
    3・テーマ毎のトレーニング(パス・ドリブル・シュート)
      ※パスだけ、ドリブルだけといったトレーニングは初級者のみ。
       トレーニングは必ずパスからシュート、ドリブルからシュート、
       ドリブル→パス→シュートのように組み合わせる。
      ※1時間程度
    4.クールダウン
      ※5〜10分かけてゆっくりとジョギング、そしてストレッチ。
       最後は必ずストレッチ終える。


    **********************************

    ☆若年層指導〜大人のチームでも同様(より良いチームにするために)

    ・挨拶を徹底(元気良く)。
    ・ルールを守らせる。
    ・チームメイトとの関係を築く。
    ・チームメイトに敬意を払う。
    ・審判に敬意を払う。
    ・監督、コーチに敬意を払う。
    ・サポートしてくれる全てに人に感謝する気持ち(家族・チームスタッフ)
    ・ユニフォーム、その他道具を大事にさせる(投げない・足で扱わない)
    ・所属クラブ、チームへの愛情
    ・一日のトレーニングに必ずゲームを組み込む。
     ゲームには全てのトレーニング要素があるため。
    ・目的にあったトレーニングを行う。
     シュート精度を上げるためなら走る距離を短く。
     スピードを上げるためなら走る距離を長く。
    ・手を抜く選手には速いボールを出す。
     それでも手を抜く選手にはなぜ必死にやらないのか問いただす。

    **********************************

    ☆質疑応答

    ・MIXチームでの戦い方
    ・菱形とBOXでの戦い方の違い
    ・競技志向、エンジョイ志向とチーム内で選手に温度差がある場合の対処
    ・走れない選手のためのトレーニング
    ・ボール扱いが全く出来ないサッカー未経験者への初歩的トレーニング



    以上がセミナーでの内容及び質疑応答になります。
    冒頭でも述べていますが、受講された方との差別化をはかるため
    当記事には全てを掲載しておりません。
    話した内容のいくつかをピックアップしたモノを掲載しております。
    どうかご了承下さい。

    指導者セミナーも継続して第2回、第3回を企画し開催をして行く
    予定です。興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


     

    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    セミナー | - | trackbacks(0) | - | - |