MIRACLON ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。
超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。
※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。
Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved.
このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

ディフェンスのカバーリング・フットサルのセオリー

2011.01.06 Thursday 23:50
0
    お悩み相談室、第7回目は『ディフェンスのカバーリングについてのご相談です。 

    ────────────────────────────────────
    味方が抜かれた時にカバーに入って、その時に自分がついてたマークが一瞬
    フリーになってしまうのはどうしようもないのでしょうか?
    
     Q : Dさん(男性)より
    ───────────────────────────────────
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
      A : コーチより
    ───────────────────────────────────
    多分ご質問の悩みというかシチュエーションは、カウンター時に味方が抜かれてしまい、2対1の数的不利な状況を作られた時の事だと思います。
    そして抜かれた選手のカバーのために自分がマークしている相手を捨てて、そのドリブルして来た相手選手のDFに行った時ではないでしょうか。 

    基本的に2対1でカウンターを受けて攻められた時は、 守っているFPは当然カバーに入ります。 カバーに入るので自分がマークしていた相手は捨てます。
    しかし、そのままでは当然自分がマークしていた相手選手はフリーになってしまいますよね? でも、フリーにさせただけでは危なくないんですよ。そのフリーにさせた選手に折り返しのパスを出される事が危なくて失点に繋がるんです。

    ワンサイドカットという言葉はご存知でしょうか。 カバーに入った時にドリブルしている相手選手へのDF方法はワンサイドカットの「内切り」になります。コートの内側へドリブル及びパスをさせないDF方法です。(フットサルでは自陣での1対1は内切りがセオリーとなります。相手陣地側では前にボールを運ばれないように縦切りをするのがセオリーです。例外もありますが・・・) 

    そのような「内切り」のDFをすればボールを持っている選手はフリーになった選手へ折り返しのパスが出せません。 出されても内切りしている自分がパスカット出来るので、 フリーにさせても全く問題は無いんです。しかも、内切りのDFをするという事は内側へドリブルとパス・シュートが出来ません。そのドリブルしている相手選手は縦
    にドリブル勝負するしか選択肢が無い状況に追い込まれます。
     
    結局そのまま縦にドリブルすればするほど「シュートコース=シュートの角度」は無くなって行きますので、 GKがニアサイドへのシュートコースを消すポジショニングさえとっていれば失点する事はありません。 
    
    最悪、もし中にいるフリーの選手にパスを出された場合ですが、パスを出されたからといってFPが慌ててそのフリーの選手のところへDFをしに行くのが一番悪いパターンです。もし中のフリーな選手にパスを出されたら、フットサルではそこにはGKがプレスをかけに行きます。そこでGKが1対1となれば 1つ前のプレーでフリーな選手にパスを出した相手選手には自分がそのままマークしているので、GKがプレスをかけた時点で2対2になります。という事は数的不利になりません。 GKをFP扱いにすれば人数は同数になりますし、プレスをかければ簡単にはシュートを打てません。
    
    ゴレイロは折り返しのパスを出された時点でフィールドプレーヤーとして扱っ
    てディフェンスしてもらいます。ゴレイロにとっての前に出るディフェンスで
    すね。ゴールに立っているだけがゴレイロではありません。 そこがサッカー
    とフットサルの違いです。そしてゴレイロがボール保持者のプレーを遅らせて
    いる間に全員がディフェンスに帰ってくる事が理想です。 
    
    練習方法としては、ひたすら1対1と2対1の練習と、GKの声(指示出し)が必要不可欠です。 
    
    共に実際にプレーして見せる事が出来ればわかりやすいのですが、文章だけでは全てをお伝えする事が出来ず残念です。わかりにくくて申し訳ありません。


    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    初心者チームにむいているDF方法

    2011.01.03 Monday 21:14
    0
      お悩み相談室、第6回目は『初心者チームにむいているDF方法』についてのご相談です。

      ─────────────────────────────────────
      『FF(仮名)は初心者チームです。1対1のDFは練習しているのですが、チームの連携DFができていません。初心者チームにはどういうDFがむいているのか、その練習方法はどのようなものがあるのか、御教授いただけたらと思います。』
       Q:Tさん(男性)より
      ─────────────────────────────────────
      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
      A: コーチより ───────────────────────────────────── 初心者チームにむいているDF。という事ですが、チームのメンバー構成によって変わってくると思います。例えば・・・ 1, メンバーの人数が少ない→引いて守る 2, 交代人数が沢山いる→前からハイプレス 3, 攻守の切り替えが遅い→引いて守る 4, サッカー未経験者が多い→マンツーマン となると思います。 なぜか・・・ [1, メンバーの人数が少ない→引いて守る]
      前からハイプレスをかけた場合、縦パスを出された後はその選手を追いかけなくてはいけないので、当然走る距離が長くなります。そして常に全力で走らなくてはいけないので体力と乳酸耐性が無いと厳しいからです。

      [2,  交代人数が沢山いる→前からハイプレス]
      交代メンバーが沢山いるならば体力等を気にしなくて良いので、前から積極的にボールを奪いに行くというDFが可能になります。

      もちろん、抜かれたら即自陣へ戻らなくてはいけません。相手カウンターのボールを奪ったら再度攻撃するために相手ゴール前まで走ります。
      この前後の動き(全力ダッシュ)を繰り返すためにも、常に元気な選手が必要になってくるので、メンバーが沢山いるならば前から積極的に奪いに行く事をおすすめします。
        
      [3,  攻守の切り替えが遅い→引いて守る]
      メンバーの人数が少ない場合は引いて守る事をおすすめします。引いて守れば自陣にスペースがなくなるので、相手チームは縦パスを入れにくくなりますし、ドリブルするスペースもなくなるため守りやすくなります。
      
      前からプレスをかけた場合、もしボールを奪いに行った選手が抜かれたら即自陣に全力で戻らなければいけません。これは当然ですよね。でも、その選手が抜かれたら即戻る!(プレーしている選手全員)という行為を実行出来ない場合(戻る意識が希薄)は数的不利になってしまうので失点する可能性が高くなります。

      前からのハイプレスは戻る距離も長くなるので、相手ボールになったら即全力で戻る!という意識が高くないと厳しいです。逆に、引いて守れば当然自陣ゴールと自分の距離は短くなるので、イコール戻る距離も短くなります。更に味方同士の距離も短いのでお互いが抜かれた時のカバー(フォロー)もしやすくなります。
      
      4,  サッカー未経験者が多い→マンツーマン
      サッカー未経験者が多い場合【マークを受け渡す】事になれていません。マークを受け渡すには後の選手が前の選手に指示を出さなくてはいけないので、【声を出す】【味方に指示を出す】事が不慣れなサッカー未経験者が多いならば、マンツーマンDFをおすすめします。

      マンツーマンDFといってもいろいろありますが、ここで挙げるマンツーマンDFは完全なマンツーマンです。一度この選手をマークすると決めたら、相手ボールの時はその選手が何処にいようと常に側にいる事を徹底して下さい。少しでも側を離れたらスクリーンプレーをされやすくなるので、マークの受け渡しが出来ないとつらいです。そうならないように、常にぴったりと同じ選手をマークし続けます。そうすれば守りきれるでしょう。 
      ただし、体力が落ちてきて他の選手と交代する際には、交代で入る選手は自分が誰をマークしなくてはいけないのかを、必ず確認しなくてはいけません。それが出来ないとマークがずれて失点してしまいます。
      
      ***********************************
      
      初心者チームにおすすめな守り方は、引いて守るという方法ではないでしょうか。前からプレスをかけるというDFは【予測するDF】が必須です。(※注:引いて守る場合も必須ですが、前から奪いに行くには2〜3人が連動しなければならないので、より全員が次のパスコースを予測する能力が求められます。・・・。)
      そして、優先順位を間違えてしまうと途端に崩されてしまいますので、前からプレスをしかけるという意図をしっかりと把握出来ていない場合、難しいと思います。

      初心者チームで犯しやすいミスは、「前からのプレス=ボールを一発で奪いに行く」と勘違いしてしまう事です。前からプレスをしかけるのは確かに前線でボールを奪う事が目的です。ですが、一発では奪いに行きません。縦パスを出させないようにプレッシャーをかけ続け、逆サイドの選手は「つるべ」の動きでPIVOへのくさびのパスを出させないように中へのパスコースを切ります。そして、横パスのスピードが遅かったり、パスミスやトラップミス、ドリブルミスをしたその瞬間を逃さずにボー
      ルを奪うという方法が正しいとされます。
      その意図さえ間違えなければ、そして交代人数が多ければ前からハイプレスをしかけても良いと思います。
      
      【DFは常に120%の力で!】
      ↑
      私の自論です。100%の力では足りません!相手チームだってボールを奪われたくないんですから、そのボールが欲しければ相手選手100%の力よりも出さなければ奪えるわけがありません。マイボールの時は笑って楽しんで攻める。相手ボールの時は必死になって怒りの形相でボールを奪う!抜かれたら即戻る!奪ったら即前方へ走る!の繰り返しです。

      人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
      お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      パスを回して来るチームに対して、守る時に意識する事

      2011.01.02 Sunday 19:59
      0
        お悩み相談室、第5回目は『パスを回して来るチームに対して、守る時に意識する事』についてのご相談です。

        ────────────────────────────────────
        『細かいパスを繋いで回して来るチームを相手にした時に、ディフェンスで気
        をつける事。守るポイントを教えて下さい。』
        
         Q:Bさん(男性)より
        ────────────────────────────────────
        +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
          A:akiコーチより
        ────────────────────────────────────
        
        そうですね・・・まず一番大切な事は、ボールを奪うライン設定をしなくてはいけないという事です。そして、次に意識しなくてはいけないのはメンバー全員で連動してボールを奪いに行く!という事です。 
        
        ボールを奪うライン設定とは、相手陣地の奥深いところから『前プレ』をしかけるのか、それとも少し引いたところからボールの出所をおさえるのか、もしくは完全に引いてハーフから守るのか、を決める事です。
        
        誰か1人が前から勝手にボールを追いかけてはオフェンスに簡単にパスを回されてしまいます・・・。 一発でかわされたら数的不利になってしまうから厳しいですよね? ですから、オフェンスに簡単にパスを回させないように、数的不利にならないためにも『ボールの奪いところ』を定めなくてはいけません。 

        上記の約束事を決められたら次は『ボールの奪いどころ』を意識しなくてはいけません。簡単に説明しますと、 「いつ! どんな時!」が一番ボールを奪えるのか・・・です。 それは、 
        ・トラップした瞬間 
        ・パスが乱れた時 
        ・トラップした選手の体の向きが横しか向いていない時 
        ・ドリブルのタッチが大きくなった時
        です。

        これらを見定める事が大事です。 常に回されているパス(ボール)とオフェンス(敵)の状態を見る事で、トラップした瞬間やパスが乱れた瞬間がわかります。 また、それらがわかるためには全ての選手の動きとボールの流れを『予測』しなくてはいけません。 特にALAは予測する事が必須です。
        
        ある1人の選手(前方にいる1stDF)にパスコースを限定させる事によって、 パスコースは1つor2つに絞れると思います。 そしてパスコースを限定したら、ボールを保持している選手の体の向きでどこにパスが出るのかを『予測』し、なおかつパスの受け手がトラップした瞬間に全速力でボールを奪いに行きます。
        ただし、パススピードや自分の距離もあるので、もし一発でかわされそうだなと思った飛び込んだり、むやみに奪おうとはしない事。相手選手の2m手前で止まり、その場で足を細かく動かして腰を低く落として素早く動けるようにします。これらの事をDF全員が【連動】して行う事を意識させると良いと思います。 

        ただし、メンバーは試合中ころころ入れ替わると思うので、試合中は一番後ろのFIXOが全メンバーに前から奪いに行くのか、それともハーフまで引いて守るのかを大声で指示を出し、常に全員のポジションを修正し続けなくてはいけません。
        
        総括すると、ポジション別に・・・
        ○PIVO=中を絞るポジショニング。相手PIVOへのパスを出させない。
        ○ALA=予測するDFで相手ALAに自由に前を向かせない。パススピードが
             弱かったらFIXOからの横パスをカット。スライディングしてでも
             奪う覚悟で臨む。
        ○FIXO=DFのライン設定の指示出しと、ボールを奪いに行く時は
            『今だ! (奪いに)行け!』とはっきりと伝える事。

        チームとして狙い通りのDFが出来たらもっとフットサルが楽しく感じられますし、良い試合が出来ると思います。

        人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
        お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        ドリブル勝負!「1対1」で心がける事

        2011.01.01 Saturday 23:10
        0
          お悩み相談室、第4回目はドリブル勝負についてのご相談です。
          ドリブル勝負!「1対1」で心がける事。
          
           Q:Oさん(男性)より
          ────────────────────────────────────
          昔は1対1とかよくしかけていたような気がするんですけど、最近どうも
          上手く行かない上に、仕掛ける気持ちも下降気味です。
          僕としては膠着状態を崩すための大事な武器だと思うのですが、これでは。。 
          ドリブルを仕掛ける上での気持ちの持ち方とか、おすすめのドリブル等、
          抽象的でもいいんでアドバイスください! お願いします。
          
          +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
            A:akiコーチより
          ────────────────────────────────────
          ドリブルですか・・・難しい悩みですね。 とても基本的な話になってしまうのですが、 チーム内では1対1に関してどのような約束事がありますか?
          ALAがボールを持った時に周りの事を考えずに勝手に1対1をしかけてボールを取られたらピンチですよね?でも、チーム全体の約束事として誰かが1対1をしかけたら逆ALAはゼッタイに蓋をする! という事がチームのルールとして出来ていれば、思い切って勝負する事が出来ます。 
          更にシュートのこぼれ球を狙うために、PIVOは必ずファーポストへ詰める事も大事な要素の1つです。 
          
          ようするに1対1で勝負をする時の思い切りの良さというのは、選手1人の、個人の問題ではなく、チームプレーと関係があります。
          チームの他の選手のフォローがある!という事が大前提なんです。ALAがサイドで1対1をしかけた時は必ず逆ALAとFIXOがフォローをするという約束事さえあれば、止められた時の事を考えずに勝負出来るので、大胆なドリブルが出来るのではないでしょうか。逆に言えば、味方がフォロー出来る体勢でもないのに勝手にドリブル勝負をしかけるのはチームに迷惑をかけてもかまわないというスタンドプレーになってしまいます・・・。
          
          おすすめのドリブルというわけではありませんが・・・ 
          まずはフットサルのコートの大きさをイメージして下さい。 国際基準(都道府県や関東リーグも同等)は縦40m、横20mですよね?という事はハーフウェーラインからゴールまでの距離はたった20mしか無いんです!これをサッカーに置き換えてみて下さい。フットサルコートでハーフウェーラインまで来たら、サッカーだとペナルティエリア内の距離ぐらいになります。
          Oさんはサッカー経験はありますか? 私はサッカーは今でもプレーしています。FWだからかもしれませんが、私はペナルティエリアに入るか入らないかぐらいの距離からシュートを常に意識しています!
          サッカーで20mはシュートエリアになります。それならフットサルのハーフウェーラインもシュートエリアになると思いませんか?ちょっと強引な説明ですが(笑)
          
          実際フットサルの試合で私はALAとFIXOを主にやりますが、ハーフウェーライン付近でボールを保持した場合は絶えずGK(ゴール)を見ています。 そしてサイドライン(ALAの位置で)でボールをもらって目の前の敵を相手に1対1をしかけようとした時も、まずはゴールを見ています。 
          過去数年の私の得点を振り返ると、敵を完全に抜き去ってシュートを打った記憶があまりありません・・・。ほとんどの得点がミドルシュートでした。 右でも左でも、敵を半歩だけかわして即シュートを意識しています。少しでもドリブルをしてしまうとDFはついて来てしまうので、反応が出来ないタイミング、ようするに半歩かわした(ボール1個分横にずらした)瞬間に、たった1歩の踏み込みだけでシュートを打ちます。(助走=ドリブル無し! 本当に1歩の踏み込みだけ!) 
          これはとにかくイメージが大事です。ゴールの位置と敵を半歩かわすタイミング、そしてシュートを打つまでのスピードが要求されます。 
          
          ですが、1対1というのは「必ず抜かなくてはいけない!」「自分のシュートがゴールに入らなくてはいけない!」という事はありません。大事なのは1対1でシュートを打つ事です。 目の前の敵を完全に抜き去ろうとしてボールを奪われたら当然相手ボールになってしまいますよね。最悪カウンターで数的不利に陥り、失点してしまいます。しかし、たった半歩かわして弱いシュートを打ったとしてもボールは相手ゴールに向かって行きます! 

          ボールをシュートしてそれが相手ゴールに向かっていったら、何かが起きる可能性があるんです。相手選手がオウンゴールしたり、GKが弾いたこぼれ球を仲間の誰かがゴール前にいてプッシュしたり、コースを変えたりして得点するかもしれない!もしくはシュートを打った後ゴール前につめたらGKが弾いて自分の前にこぼれてくるかもしれない!!というようにシュートを直接ゴールに決めなくても、シュートをただ打つだけで得点チャンスはものすごく増えるんです。 
          だすから、ドリブルで1対1をしかける際に、目の前の敵を抜き去ろうと考えずに、まずはシュートを打つ事を目的に勝負してみてはどうでしょうか。 
          
          実際フットサルでもサッカーでも、敵を抜いただけでは得点出来ません。 シュートを打たなくては得点出来ません。 そしてドリブルはシュートを打つための過程の1手段でしかありません。ドリブルで抜く事が目的ではなく、得点する事が目的です。ドリブルは「得点」という目的を達成するための手段でしかありません。手段と目的をはき違えてはいけません。もったいないです。

          とにかく【シュートを打つ】事を第一に考えてみて下さい。そうすればきっとドリブル勝負に対する気持ちも楽になるのではないでしょうか。

          頑張って下さい! 




          人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
          お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          新チームで県リーグを戦うための練習とは?

          2010.12.31 Friday 21:37
          0
            お悩み相談室、3回目はチームの代表兼キャプテンを務めるEさん(男性)からです。
            新チームで県リーグを戦うための練習とは?。』
            Q : Eさん(男性)より
            ───────────────────────────────────────
            このたび新チームを作リました。これから始動していくところなんですが、どう
            いう練習をしていこうかなーって悩んでます。
            時間は2時間で、チームのレベルは初級者が3分の2です。どのような練習をして
            いけばいいでしょうか? 目標は来期の県リーグ4部なんですが・・・
            ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
            A : コーチより  
            ───────────────────────────────────
            初級者が半数以上いるのでしたらまずは味方に正確にパスが出せて、それをト
            ラップ出来るような練習をしてみて下さい。 
            ただし、よく行う2人で向かい合ってのパス交換は無意味です。 
            フットサルの試合ではそのようなシチュエーションでのパス交換はゼッタイに
            ありえませんので、パスとトラップ練習を行う際は必ずコートを全員が動き回
            り360度様々な動きを取り入れながらパス交換をして行って下さい。 
            
            それが簡単でしたら、トラップする足を左右どちらかに限定し、パスを出すの
            も左右どちらか限定します。 
            ようするに右足でトラップするならば、ボール保持者は受け手の右足目掛けて
            パスを出す事になります。 
            これを左右行い、トラップする場所も左右の足のインサイドだけでトラップ、
            次にアウトサイドだけでトラップ、そして最後に足裏でのトラップとバリエー
            ションをつけます。 
            
            もちろんパスをもらうときは声を出します。 
            出す声もコート全体に響くぐらいに大声じゃないと聞こえませんから。 
            
            あとはひたすら1対1での攻防、2対1・3対2のカウンター練習を行います。 
            フットサルの試合で一番得点が生まれるのはカウンターの時です。 
            カウンターという事は数的優位の時ですよね? 
            逆にカウンターを受けた場合は数的不利です。 
            その状況でいかに確実に得点につなげるか、もしくは逆にいかに失点しないよ
            うに守るかが大事です。 
            
            よく某強豪チームのようにパス回し=フットサルの醍醐味と勘違いする方がい
            ますが、それでは勝てません。 
            勝てるチームというのはマイボールになったら全員がフォローのために走る!
            最低1人はファーサイドに詰める!そして相手にボールを奪われた瞬間に素早く
            自陣に戻り、必死にボールを奪い返すためのプレーが出来るチームの事です。 
            
            特に大事なのは攻→守と守→攻の切り替えです!
            自チームの誰かがシュートを打って外した瞬間には、すぐ相手からボールを奪い
            返す事を考える!逆にボールを奪ったら全員が速攻を意識する!という事です。 
            この練習をするだけで十分勝てます!
            
            パスは100回繋いでも得点にはなりませんから、どんどんシュートを狙いましょ
            う!そしてDFは執念です!目の前の敵に抜かれたくない!ボールを奪いたい!と思っ
            ていればおのずと粘り強いディフェンスが出来ますし、もし抜かれたとしても
            最後の最後まで諦めずに何かしらのプレーでDFをしようと思うはずです。
            
            県リーグ、ぜひ上位を、優勝を目指して下さい!
            応援しています!




            人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
            お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            ドリブルの練習方法を教えて下さい。

            2010.12.23 Thursday 23:21
            0
              お悩み相談室、2回目はTさん(女性)からのご質問で、
              『ドリブルの練習方法を教えて下さい。』になります。
              Q : Tさん(女性)より
              ───────────────────────────────────────
               ドリブルができないので練習したいのですが、 どんな練習方法が効果的なのでしょうか?
               最近まわりがとても上手な女の子ばかりで、パスよりもドリブルを要求されて…
              肩身が狭くフットサルを楽しめない状況になりつつあります。
               この状況を打開するにも、ドリブルを練習してみようと思います。 とにかく触れ!!
              というのは重々承知していますが、小学生のようなスポンジの柔らかさを失った今、
              それだけでは無理なような気がしてしまって。。。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
              A : コーチより
              ───────────────────────────────────────
               ドリブルが上達するための練習方法についてお答えする前に、
              フットサルの特異性についてお話します。

              フットサルでは敵が常に自分の目の前(2mぐらい前)にいます。
              ですから足裏・足他部分問わず、体から少しでもボールを話すと
              すぐにボールを奪いに寄せて来る!という事を覚えておいて下さい。
              さて、ドリブルが上達するための練習方法ですが、
              まずはボールを前に蹴ってどの程度のスピードならボールが体から離れずに
              ドリブル出来るかを知る事が大事です。クリニックなどでドリブルをしてもらうと、
              体からボールが離れてしまってボールに追いつけない人
              (体がボールに置いていかれている)を見ます。

              それは、ボールを1回のタッチで強く蹴りすぎているためで、
              まずは蹴ると言うよりも、軽く押し出すような柔らかいタッチで、
              たえずボールを体から離さないようにドリブルする練習が必要です。
              ボールが常に足の先(ボールに触れる部分)から10〜20cmほどの距離にあるように
              意識して下さい。
              
              そして、その次にやる事は「顔」をあげる事。 
              下を向いてボールばかり見てドリブルしていると目の前に敵がいるのか、
              味方はどの位置にいるのか、たった今、その瞬間でとっさにシュートorパスは
              出来るのか?といった事が一切わかりません。
              ほとんどのプレーが出来ないと言っても過言ではありません。
              余裕を持ってプレーするために、顔をあげてドリブルする練習も大事です。 
              いきなりずっと顔を上げてドリブルするのは難しいので、慣れるまでは、
              2回ボールに触れたら1回顔を上げるような感じで徐々に顔を上げる回数・時間を
              増やして行くと効果的です。
              
              バリエーションとしては、
              ・「両足の内側を使って左右交互にボールに触ってドリブル」
              ・「両足の外側を使って左右交互にボールを触ってドリブル」
              ・「片足だけで足の内側と外側を交互に使ってボールを触ってドリブル」
              ・「足裏を使って後ろにボールを引いてドリブル(足裏を使って前に進むことも)」
              ・「足裏を使ってボールを内側に転がして横に進むドリブル(足裏を使ってボール
              を外側に転がして横に進むドリブルも)」
              ・「片足を使って、足裏で内側にボールを転がしたら足の外側を使って外に押し出すドリブル」etc・・・ 
              沢山あります。

              ※最後に、 
              ドリブルは、「パス・シュート」を行なう前の1プレーに過ぎません。
              ゆっくりドリブルしながら顔を上げて、味方と敵の位置を確認して、味方が
              良い位置にいるからパスを出す!相手GKの立ち位置が悪くてシュートが打てる
              からシュートを打つ!といったプレーを行なうために必要な技術であって、
              長い距離をドリブルしたり、ボールを持ったら必ず目の前の敵を抜く!
              といったプレーはチームにとってあまり良くありません。 

              試合中のどの場面、どんな時にドリブルを使えば効果的に攻められるのか、
              得点出来るのかを考えながら練習して行って下さい。
              そして、必ず練習した事の成果を発揮するためにも沢山ゲームをこなすように
              して下さい。それがレベルアップにつながります。

              人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
              お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              練習中・試合中声が全くでないんです。

              2010.12.22 Wednesday 23:03
              0
                MIRACLONのフットサルお悩み相談室のコーナーです。
                初めてのご相談者はチームで代表を務めながらキャプテンも兼任しているEさんです。

                Q:Eさんより 

                ─────────────────────────────────── 
                練習ベースとしたチームを立ち上げてはや二ヶ月がたちました。 
                毎回14・5人の方が参加していただいて順調です。
                ただ、1つだけ。。。 練習中・試合中声が全くでないんです。 
                パスをもらう声もなく、数人の声がむなしく響いています。
                 色んな練習をする中で声を出すことを促してはいるのですが。。。 
                どうしたらいいでしょうか?何かいい手はありませんでしょうか?

                 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
                A:
                ───────────────────────────────────
                まずは、なんで声を出さないのかをチームメイト一人一人とお話して 
                理由を聞いてみてはどうでしょうか。 
                もしかしたら練習中や試合中になんて声を出せば良いのか、わからないのかも
                しれません。 
                
                サッカーをやって来た人ならば、DFで指示を出したり出来ますが、
                初心者や サッカー未経験の方は自分のプレーに自信を持てていない事が多く、
                「もし間違った事を伝えてしまったらどうしよう・・・」という不安から、
                味方に指示を出す声を出す勇気を持てなかったり、大きな声を出す事が出来ません。 
                
                また、サッカー経験者ならばナイッシュー、ナイスキーパー、 ナイスカット
                など、どの場面でどの言葉を言えばチームが盛り上がるか経験で知っていると
                思いますが、やはり上記同様初心者やサッカー未経験の方は、あるプレーに対して
                「一体どのような言葉をかければ良いのかわからない!」もしくは、
                そのような声を出した経験が無い事からうろたえてしまう。
                という事も考えられます。 
                
                声が出ていない状態のチーム(選手たち)に対してやってはいけない事は
                頭ごなしに「なんで声を出さない!なんで声を出せない?」 
                と声を張り上げて(怒鳴って)注意をする事でしょうか。 
                怒っても決してチーム状態は良くなりません・・・。 
                
                まずはチームメイト一人一人に声が出ない、出せない理由を聞いてみて下さい。
                「恥ずかしいから」という理由ならば、味方を励ますために応援は必要だから、
                遠慮しないで一緒にチームを盛り上げる声を出して行こう!と促してあげると
                良いかもしれません。 

                もし、「なんて言えば良いのか、なんて声を出したら良いのかわからない」 
                という理由でしたら一つ一つ丁寧に、 チームメイトのこんなプレーには「〜」
                と言う、 チームがこんな状態だったら「〜」と大きな声で応援して盛り上げる、 
                などと教えてみてはどうでしょうか。 
                言葉と使う場面がわかれば自然と声が出て来ると思いますよ。 
                
                声を出させるという事一つとってみても、指導者によって方法や手段は
                違うと思いますので、私からのアドバイスはあくまで私見であるという事を
                ご了承下さい。
                
                ぜひキャプテンシーを発揮して、より良いチームを作りあげて下さい!
                応援しています。


                人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
                お悩み相談室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |